■What's new
お知らせ
当サイトのWebサービスについては,以下のとおりの条件で接続を禁止しています。
(1) apnicが国種別JPに割り当てたIPアドレス以外からの接続。
(2) 掲示板CGIにspam投稿や特定キーワードを含む投稿を行ったネットワーク。
	(特定のプロバイダについては,プロバイダ全体)
当サイトのポリシーにより,禁止したものを解除する予定は今のところありません。

2011/10/22 AVR_小物作成:ATtiny2313とDS3234で時計を作ってみた
2011/02/17 AVR_Ciruno:ATMega328Pを使った*rduinoライクプロトタイピングボードを作ってみた
2011/02/12 AVR_小物作成:ATtiny2313とATMega328P兼用のFuseリセッタを作ってみた
2010/12/29 番外編 STM8S-discovery:STM8S-discoveryにRTC乗っけて時計さこさえた。
2010/03/25 秋月H8Sジャンク:H8Sジャンク電光掲示板のソースアーカイブを公開したものを更新した。再現可能なように手順とアーカイブを更新した。
2009/12/18 秋月H8Sジャンク:Thunderbolt GPSDO用のステータスモニタを作ってみた。
2009/10/24 秋月H8Sジャンク:SPI-Etherインターフェイスを作ってみた。
2009/09/24 AVR_PS/2キー変換:キー入力のバグを修正してみた。
2009/09/21 秋月H8Sジャンク:おまけの時計&温度計を無線通信に対応してみた。
2009/08/21 H8SXジャンク:H8SXジャンク用にH8SX簡易モニタforH8SX/1654を作ってみた。
←別ウィンドウが開きます
ご意見ご要望ヘの返信(折りたたまれています。←[+]クリックで展開します)

Write control program for H8S/2144A junk(1) run@20MHz
Write control program crt0 source
Write control program source

linkage loader script for write control program

Special thanks: yamasan's H8 writer and more

PyMite is a flyweight Python interpreter written from scratch to execute on 8-bit and larger microcontrollers
Deeply Embedded Python, a virtual machine for embedded systems
The PyMite VM(a small footprinted Python)

--
●H8Sジャンクの関連リンク
[H8Sジャンク掲示板]  秋月のH8S搭載ジャンク基板の話題はこちらにどうぞ
--
[マルチプラットフォームH8Sライタ]
[秋月H8Sジャンク(その2)]
[超ミニBASIC for H8S/2144]
[H8S簡易モニタ]
[AtmelAVRを使った何か]
[H8SXジャンクに手を出してみた]

--
●その1基板の関連リンク(外部リンク)
[あせあせさんの(その1)クラブ]
	その1基板を使ったロジアナやルネのH8モニタのアレンジ版を公開されてます。

--
●その1基板を使って開発してみましょう
[開発環境の構築の仕方]
[ジャンクボード用プログラム作成のための準備]
[ジャンクボードへの書込み]
[ジャンクボードの搭載機能を使ってみる(1:LED,SCIなどH8S搭載I/O中心)]
[ジャンクボードの搭載機能を使ってみる(2:オンボードI/O)]

--
●その1基板の活用例(?)
[Trimble thunderbolt GPSDOのステータスモニタ]
[GLCD用のビットマップフォント]
[16x32ドットマトリクスLEDモジュールを使った電光掲示板]...モウスグDOSガキドウシソウデス...
[その1をケースに入れた(日常生活防水版w)]
[秋月H8Sジャンク(その1)を使うに当たって]
[秋月H8Sジャンク(その1)を使ったMP3プレイヤ]
[加速度センサーを利用したジャイロ]
[秋月H8Sジャンク(その1)を5'FDケースに入れた]
[当方の開発環境など]

[もてあそび状況など]

[秋月H8Sジャンク(その1)への書き込み方法]
・上のリンクにあるYamasanのページからH8writerをいただいてきてインストールするか,
 または上記リンクからマルチプラットフォームH8Sライタをインストールする。。
・書き込み制御ファイルをCTRL_MOTディレクトリにコピーする。
・PCとジャンクのDsub9pinシリアルをクロスケーブルで接続する。
・ジャンク基板のDS1をONにして電源をいれる。
・H8writerの接続したCOMポートを選択してBaud(B)=19200,Baud(P)=38400とする。
・書き込み制御ファイルに2144A用のMOTファイルを選択して,書き込むファイルに
 作成したMOTファイルを記述して[書き込み開始]ボタンをクリックすればOKなはず。
・書き込み制御プログラムの転送に先立ってのビットレート調整に失敗する場合には,
 ジャンク基板の電源を入れなおすか,JP1をショートしてリセット。
 (ジャンク基板とのシリアル通信をやった直後とかに起こる。バッファにごみか?
 数回やらないといけない場合あり)
・書き込み中は青LEDが点灯し,フラッシュへのブロック書き込みごとに赤LEDが明滅する。
・書き込み終了で青LEDが明滅する。書き込みが正常なら赤LEDは消灯し,エラーなら青LED
 とともに明滅する。
・DS1をOFFにして電源を入れなおすか,JP1がリセットになっているのでショートして
 リセットをかける。 → ウマー∩(・∀・)∩ーーー


●Memo

各コネクタの接続先について


7segLCDの配置図
(0バイトめのMSBが1の場合はどうやら7segコントローラ用のコマンドになるらしい)



微弱無線モジュールの使い方について
・微弱無線ユニット(TR3001)はH8SのSCI2に接続されており,半二重通信が可能となっている。
・P42で送受信の設定し,P42をHにすることで送信,Lにすることで受信モードとなる。
・Tx=TxD2(P40),Rx=RxD2(P41),CTRL1=P42[H:OOK-Tx/L:Rx]
・微弱無線ユニットの送信方式はOOK(On/Off Keying)で,簡単に言えばTxD2(P40)の状態で
  キャリアを出したり止めたりして通信を実現する。
・マニュアルによれば,OOKの場合の通信速度は最大で9600bps程度。
・ねじ穴にランドがある部分が実質上のアンテナになっている。
・アンテナランドに何も接続しないと4800bps時の通信距離は1m程度で,エラーレートが12/1000くらい。
・実用的な通信を行うには,何らかのエラー検知/訂正は必須だと思われる。
・用途によってはシリアル通信にしなくとも,P40,P41をI/OポートとしてON/OFFの情報くらいは伝えられる。

・急にアクセスが増えてなんでか?と思ってたら2ちゃんにリンクが貼られてたのねw
(こっそりと,うpローダにあった回路図を貼っておいたが,回路図をうpした本人が
 コメントされているようなので謝辞の方に移動した。かってに転載してスマンかった)


●H8Sジャンク(その1)の搭載物
・H8S/2144A 20MHz(ROM128KB/RAM4KB)
・4Mbit FlashROM(512KB SST39SF040-70)
・1Mbit SRAM(128KB ISSI IS62C1024L-70Q)
・I2C RealTimeClock(Richo RS5C372A)
・微弱無線トランシーバ(RFM TR3001)
・ブザースピーカ
・赤/青LED
・シリアル(Dsub9pin)
・8bitI/Oポート(CN2),7bitInputポート(CN3)
・バックアップ用Liボタン電池(CR2032多分消耗済みw)
・表示機(128x64GLCD反射型,7segLCDバックライト)
 ※GLCDにバックライト付のものもある(GLCDが紺色のもの)
・電源は8〜12VDC,容量的には300mAくらいあれば大丈夫そう
・DCジャックのサイズが普通のよりも小さめ(JEITA-3タイプ,芯径1.7mm)

・同じ秋月扱いのAki-H8に比べてある程度のI/Oがすでに載っている。
・消耗したバックアップ用のボタン電池を交換すれば,バックアップされたSRAMにユーザ
 プログラムを置いておけたり,RTCを有効に利用できるのでかなり便利。
・値段や機能を考えても,自分で開発環境を準備できる人間にとっては,オススメの一品。
 難点はジャンクだということかw

・掲示板に寄せられた情報によると,その1にはいくつかのバリエーションがあり,
 表示基板は3種類,CPU基板は2種類あって, 中には表示基板とCPU基板でコネクタが異なり
 接続ができない組み合わせのセットがあるとのこと。
 店頭で購入する場合には,表示基板とCPU基板の双方に, 30pinヘッダコネクタ用の
 パターンがあるものを選ぶのが無難らしい。


●旧掲示板に寄せられた情報などを拾っておきました
ROM読めたよ  - ビート  2008/01/03 (Thu) 19:52:51
	ライターモードでROMを読むことができました
	U3のリセットICが3.3Vの時RESを0にしてたみたい
	とりあえず外部メモリは2ステート0ウエイトの設定のようです
	
Re: ROM読めたよ - ビート 2008/01/05 (Sat) 06:30:25 あせあせさん こんばんは 内臓ROMを外部RAMに移してルネサスのモニターで逆アセしただけですので アドレスが20になってるし 途中で番地が狂ってるかもしれません どっかのモニターが入ってるみたいで外部ROMのチップイレースルーチンなどが入ってます 頭の部分に下記がありました H8S/2144 REMOTE MONITOR V2.93 on ECP2000-M1C(H8S/2144 CPUBOARD) 16MB mode with SST29EE010 Flash support(Designed by TOUCH) BaudRate = 38400 bps Copyright (C) 2000 by H.Furuichi ビートさんの情報は、こちらに移動したそうです>>H8Sの倉庫(H8Sジャンクを逆アセリストに起こしたものがあります)
Re: ぼちぼち - あせあせ 2008/01/02 (Wed) 19:11:59 HIさん、レオさん、掲示板のみなさん、はじめまして。 私も秋月の(その1)をいじり回しています。  7セグメント表示器についても、HIさんの情報を参考にさせていただきながら、何とか表示できました。貴重な情報をありがとうございます。  ところで、表示の都度イニシャライズ手続きを行いながら何とか数字部分の表示は出来るのですが、“実績”や“目標”、右側に単位、下の表示関係がどうもうまくコントロールできません。  また、表示内容を修正するたびに一瞬消灯するようで、表示がまばたくような状態となり、時計などにしたときに、うっとうしい状況です。  何かこつがありましたら、ご紹介いただけませんでしょうか。  なお、私は、表示のたびに次のデータを送っています。(HIさんのチャートを参考にさせていただきました) (R)(i)803(i)(i)803(i)(i)807(i)(i)855(i)(i)A0 (---128ビット--- セグメントデータ16バイト)  なお、(R)、(i)はリセットの解除、INTのHパルス、に対応し、数値は16進数(4ビット)に相当します。
Re: ぼちぼち - レオ 2008/01/03 (Thu) 10:36:57 HI さんあせあせさんこんにちは、2008年もジャンク基板でスタートです。あせあせさん、わたしは初期化を一回して、0xA0、そのあとにデータをだすようにしています。一度初期化すればOKのようです。ただ0xA0をつけないとあせあせさんと同様表示できないようです。(初期化のあと0xA0の部分を 0x00〜0xFFまで変えて出力してみたのところ、上位ビットが1になる0xAXから表示が出るようになった思います。) ただこの対処方法も何か不穏で、同じプログラムを別の基板で試すと初期化一回でデータの更新はできているようですがデータが4ビットシフトして表示されます。
Re: H8S/2144のジャンク基板について - あせあせ 2008/01/17 (Thu) 21:50:54 こんばんは。あせあせです。 ヒロさんはじめまして。 私はHIさんのページを参考に(その1)を入手し、使える感触を得たので、5枚ほど買い足しました。(通販です) その中で、CPU基盤2パターン、表示部3パターンがありました。 CPU基盤は、 (1)おそらくHIさんが使っている30pinコネクタ端子が付いた小さなコネクタータイプのもの(SEN-0207-P01の表示あり)と、 (2)ヒロさんが入手された30pinコネクタ端子が無く、前のものと比べ少し大きめのコネクターが付いたもの(CKS-0306-P01の表示あり)  です。  ソフト的には、いずれもHIさんの時計ソフト、私のモニターや時計いずれも動作しますのでほぼ同一と思います。  HIさんがおっしゃっている7セグの制御感触の違いですが、それぞれのソフトの微妙なタイミングの問題のような気がします。この辺は、ビートさんが入手されたオリジナルのプログラムを解読すれば判明するのでしょうが、手つかずの状態です。  また、表示部ですが、私が見ているのもHIさんと同じだと思います (1) 7segLCD透過型,GLCD透過反転表示 CPU(1)と対 (2) 7segLCD透過型,GLCD反射型    CPU(1)と対 (3) 7segLCD反射型,GLCD反射型    CPU(2)と対 があるようです。  基盤の使いやすさとしては、30pinコネクタ端子のあるCPU(1)の方が汎用性がありますが、CPU(2)はRF部がきれいに分離された配置になりシールドも考慮されているように見受けられ、ここを狙っている方にはこちらがお勧めです。 ●謝辞H8ライター + H8工作 + PIC工作 H8ライターと複数のH8書き込み制御プログラムを公開されていて,それをもとに2144A 対応の書き込み制御プログラムを作ることができました(ほとんどH8S/2636用のを流用してます) リンクまで貼っていただきYamasanに感謝!! ・H8,SH系マイコン限定スレ 3チップ目 270 名前:774ワット発電中さん[sage] 投稿日:2007/05/22(火) 07:40:35 ID:1A7zroLB  >>259  そこのサイトとは無関係だけど、そこの書きかけの回路図を起こしたの  漏れだ。回路図ウプした時はなんだか反応薄かったけど、ちゃんと有効  利用してくれた香具師もいたのね。 解析して回路図をうpしてくれたID:1A7zroLB氏。 この回路図がなければここまで解析はできなかった。感謝!! [ご注意] ・このページの記載事項については,一切無保証です。